主人が元気でいてくれることが何よりも嬉しいです

  • By kurashi
  • 2016年5月9日
  • 主人が元気でいてくれることが何よりも嬉しいです はコメントを受け付けていません。

主人が体調を壊してしまいました。すぐに治ると思っていたけれど、意外にも主治医の先生から「珍しい病気かもしれない」ということを言われてしまいました。すぐに精密検査を受けて結果を待ちます。先生としては最悪な話ばかりをされ、もしそうならここでの治療は無理で、県外の業院へ入院することにもなりうることを伝えられます。さすがにへこみました。まだ結婚して2年目だというのにです。

ドキドキしながら検査結果を数週間待つことになります。その間、頭にあるのは常に病気のことばかりです。私でさえそうであったのだから、主人はもっと深刻に重く考えていた事だろうと思います。

緊張しながら検査結果を聞きに行くと、先生が思われていた病気ではなかった事を伝えられました。今までの生活を続けることもできるそうです。この時ほど嬉しく感じた事はありません。多分生まれてから一番嬉しかったことなのではないでしょうか?

先生との話を終え、待合室に戻ると、自然に目から涙がボロボロと落ちてきました。そんな私を見て主人は驚いていましたが、悪い病気ではなかった事がそれほど嬉しかったのです。これから先の事をいろいろと考えさせてくれ、主人の存在の大きさを知るよい経験ができたと思っています。

 

Categories: 家族

Comments are closed.